♪おいしい楽しい自然食はじめましょ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活への価値観を変えるとき?!

<<   作成日時 : 2011/03/21 14:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

まだまだ震災の傷跡は大きく、日本中が、原発の終息までは震災途中という気分ではないでしょうか。

自然の素晴らしさと驚異、この中にあって、人間の脆さと力強さ・・・
実にさまざまなことを考えさせられています。

これまでの実利主義、人間中心主義、便利追及、経済優先、個人主義などなど、
自然食を広げる仕事をライフワークとしてやってきた私としても、
まだまだ自然との共生、本当に大切なことを大切にすること、意味のない無駄の排除が出来ていない。
もったいないの精神で、資源をもっともっと大切にする価値観が、今後はきっと広がることでしょう。
今は危機意識が蔓延していますので、皆さん省エネに気を配っていますが、
3歩歩けば忘れてしまう!なんてことのないように、実際に行動でクセづけすることが必要ですね。
今がチャンスです。

・本当にコンビニは24時間営業が必要なのか?
・自動販売機はこんなにたくさん必要なのか?
・仕事の量は適切なのか?残業は必要か?
(私の前いた会社は不夜城といわれ、24時間365日電気煌煌と、徹夜や休日出勤で仕事をする若者が必ずおりました。)
・電気消費量の多い、多機能の大型家電製品は必要か?
・リサイクル、循環できない化成品をたくさん持ちすぎていないか?(一つで使いまわし出来ないか)
・核家族は非効率ではないか?(1人でも4人デモ使うエネルギーはそう変わらない?)
・食べ残し、賞味期限切れの商品の破棄の多さ(食べきれる量だけ用意する)
・ごみの多さ(過剰包装)

地球のことを考えて、今こそエコロジーな生活をする価値観を自分に植え付けましょう。
日本人はもともとそういう意識が強い民族です。
もったいない!という言葉は外国語にはないそうです。日本独特の価値観です。

また、このような逆境に強い民族でもあります。
実際に被災地の方々の前向きな姿勢や言葉、笑顔を見ていると、東北の方々の凄さを感じています。
私ならそんな態度がとれるだろうか・・・。

みなさんがそうではないと思いますが、今後の不安を抱えながらも、
礼儀正しく、感謝の言葉を唱えて、じっと我慢しながら、耐え忍んでいます。
耐える、我慢する!という価値観も私たち日本人は最近忘れてきたようにも思います。
もちろん私も!(わがまま放題、自己中、自分がいつも正しいと勘違い・・・)

以下はまたまたマクロビオティックメーリングリストで回ってきたメールです。
なぜアインシュタインが日本のことをこのように尊敬していたのか・・・、
詳しいことは私は知りませんが、確かにこの状況下にあって、被災地の方々の忍耐と、
日本中の人たちの応援を見ていると、日本人はまだまだこれから頑張れる!と思えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

増田俊男氏、は、こうも言っております。 参考まで 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★まとめ買い
日本で起きた大震災後「株価暴落」、「超円高」が続いている。
一方、町では「まとめ買い」の横行で生活必需品の品不足が
起こっている。今日(17日)のニッケイの下落で日本の時価
総額は約50兆円減少したことになる。
今回の大災害で東証上場会社が50兆円も価値を落としていない
ことは誰にでもわかること。株価暴落も超円高も全く実体に
関わりない「パニック心理現象」で、「まとめ買い」と同じ
こと。
ティシュペーパー2ダース(24個)は買い過ぎで必要なのは
半ダース(6個)だろう。従って今後冷静になれば株価は
ティシュペーパーで言えば18個分上がることになる。
株価暴落は狼狽売り、超円高は日本の海外進出企業の海外資金
本国帰還の過剰予測。実際は大震災で海外資金を慌てて日本に
送金するような冷静を欠いた企業は無いだろう。
一方、投資家にとっては市場の「過剰反応」は儲けのチャンス
である。
過剰分を利益に換える行動を採ればいい。

★日本中心
大震災が故に世界が日本に注目している。NY市場も日本からの
原発ニュースで一喜一憂。数十年間日本のニュースが世界の
ニュースになったことはなかった。
この歴史的大震災の中で世界では常識となっている略奪、
暴動や混乱が日本で一切起きなかったことが世界の「驚き」と
なっている。パリで開かれたG8外相会合で「勇気と誇りを
持って行動する日本国民に敬意を表する」と議長国フランスの
ジュぺ外相は強調した。
日本人にとっては「当たり前」のことが世界では「驚き」なの
である。  世界各地から日本人に対する「敬意」の念が
寄せられている。本誌に何度も記載したアインシュタイン
(と言われる)の言葉が思い出される。

「、、この世界の盟主となるものは、武力や金力ではなく、
あらゆる歴史を抜き超えた、最も古く、また尊い家柄で
なくてはならぬ。世界の文化はアジアに始まって、
アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねば
ならない。我々は神に感謝する。我々に日本という、
尊い国をつくって置いてくれたことを、、、。」

アインシュタイン  世界支配の野心も意識もなく戦争放棄
で常に受け身に徹しながら世界貢献を続けている日本に、
大震災を機にやっと世界の目が向けられた。
日本人としての誇りをしっかり心する時だろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生活への価値観を変えるとき?! ♪おいしい楽しい自然食はじめましょ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる