♪おいしい楽しい自然食はじめましょ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 西麻布の礼三のリーズナブル感の打ち出し

<<   作成日時 : 2008/09/21 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ある方にご案内していただき、西麻布の裏通りにある「礼三」に行きました。

この店は何料理?と聞かれると「はて?何料理?」という感じで、創作料理なのでしょう・・・という感じ。
ご夫婦で切り盛りされていますが、奥様が中国人ということで、中国ご当地風な食材を使ったお料理があります。
そう聞くと、確かにお料理に、食材に少々中華の香りがします。
カウンターがメインの店で、4時まで深夜営業しています。女性の一人客や男性の2人連れなど、麻布界隈の業界人の隠れ家的な店です。

この店の特筆すべき点は、すぐでる惣菜が1品200円(2種以上頼むと1品150円に)というメニューにおいてのリーズナブル感の打ち出しにあると思います。

画像

すぐ出るものですので簡単なもの、例えば茄子のお浸し、ごぼうのキンピラ、ゴーやの茗荷漬けなどの惣菜類が10種類くらいありますが、200円のわりにはボリュームがあります。
お惣菜屋オリジンの惣菜で考えれば100g150円ですので、驚く価格内容ではありませんが、居酒屋、しかも西麻布の飲み屋では、あまり見かけない一品200円という価格がメニュー表にあることで、安さを演出しています。

もう1つの特徴は、お通しのダイナミックさ。
この日は「豆腐のつみれ鍋」がお通しでした。これでお腹いっぱいになります。
画像

この低価格の最初のボリューム2連発が、店のメニューを安く感じさせます。これは店としてのつかみの戦略です。
結局は客単価が5000円〜6000円くらいににはなりますので・・・。

それ以外も単品は300円、350円という価格のものが数アイテムあり、他には700円〜900円「いくらのコロッケ」や「黒豆納豆のアスピック」「細い海老春巻き」「冷やしラーメン(のようなもの・・・名前を忘れました)」など、ちょっとユニークな創作系の料理が豊富です。
画像
 
画像
 
画像

基本的にホルモン焼き、串焼きなど肉系の料理が多いので、ゆるベジマクロの私としては、個人的には行かない店ですが、お客さんに「リーズナブルな店」という印象を作るためのメニューの構成・打ち出しは参考になりました。

最後に食べたデザート「黒胡麻プリン」は、飲み屋にしてはおしゃれなデザートですが、上にキャラメルクリームが乗っていて、かなり甘く濃厚でした。男性は、お酒を飲んだ後には強烈な甘さが好きなのかしら・・・と勉強になった西麻布裏通り体験でした。
画像


■礼三 /東京都港区西麻布1-4-23 コア西麻布 1F
     03-5411-3929
  http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13017547/


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西麻布の礼三のリーズナブル感の打ち出し ♪おいしい楽しい自然食はじめましょ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる